Sunny-東京ファイナル

終わってしまった。Sunny final 東京公演も「前売りチケット完売」と聞き、感謝の気持ちをグッと噛みしめた。正直、時間を空けて遊びに来てくれたオーディエンスには感謝しかない。ノリもレスポンスも本当に素晴らしかった。途中でお酒を買いに行く人たちの姿も何度か見えて、「わかってらっしゃる」と、胸の中で何回うなづいただろうか。ライブ前は緊張してあまりものを食べれないが、この日はアーティスト仲間の差し入れをクルーのみんなとたらふく頂いた。あの人からあの人まで。忙しい中、みんな足を運んでくれたと思うと、泣きそうな気持ちになった。タイトに見せようとしたステージも、自然とユルさが溢れ出た。自分でもアレがBASIの本質だと思うし、みんなに見てもらっておいて、本当に良かったと思う。ステージでの思い出を挙げればキリがないが、最初に思い浮かぶのは、オーディエンスの笑顔。笑顔。笑顔。みんなが楽しんでくれてる姿が最良のモチベーションになると再確認できた。新曲の反応も良かったし、そろそろアルバムを出したいという気持ちも芽生えてきた。ツアーは終わってしまったけど、物語は今からという気がしてならない。大阪、広島、福岡、東京。ありがとうございました。またやりましょう。

photo by hoshina

Sunny-福岡編-

ありがたいことに、福岡も前売りチケットが完売した。それを聞くと、俄然モチベーションが上がる。もちろん、第一にお客さんへの感謝の気持ちを伝えるべきだが、いいライブを提供してから、やっとそれが言えると自覚する。福岡は今となれば、大阪や東京の次によく来る街となり、去年、今年だけで何度来ただろうか。物覚えの悪い自分は、人の名前をなかなか覚えられない。ライブ後にお客さんと写真を撮ったりすると、皆自己紹介してくれる。そして、再会の場で「名前覚えてますか?」とクイズのような感じで聞いてくれる。本当に申し訳ないが、全国でこんなことをやりまくってると、正直忘れていく。(名前だけね)。ただ、お客さんの顔は段々わかるようになってきた。僕はファンのみんなに恵まれている。そうやって、何度も見に来てくれる人たちに、少しでも成長した姿を見せたいと、いつもそれを念頭に置いてステージに立っている。もちろん、「初めて来ました」と教えてくれる人たちも少なくない。少しずつだが、福岡にも歓迎してもらえてるような、そんな雰囲気にもなってきた。同行してるメンバーも「帰ってきた」と自然に漏らしていたり、「おかえり」というあたたかい言葉をもらっていたりする。なんとなくだが、ホーム感も出てきたように思う。イベント最後に、残ってるお客さんと記念撮影することも恒例になりつつある。と、ライブについて全然言及してないが、もはや書くまでもないかもしれない。こんな幸せな記事を書いてる時点で、最高としか言いようがない結果ぎあってこそのことだと思うし、喜ばしいことに、その最高も毎回更新されている。あいも変わらずまた来ます。いや、さらなる高みを目指し、成長してまた来ます。ありがとう福岡!

 

photo by Hoshina

Sunny-広島編

実は広島でのライブが決まった時から、絶えず緊張が続いていた。本当にお客さんが来てくれるのか。そもそも自分を聴いてくれてる人たちはいるのだろうか。考え過ぎて、少しネガティヴになっていたと思う。イベント二日前かなんかに「チケットソールドアウト」という知らせを聞いた。それまでとはうって変わって、一瞬にしてすべてが吹っ切れた。ありがたい気持ちと嬉しい気持ちが混在して、今度は冷静を保つことに意識を変えるのに必死になった。もっと自分に自信を持とうと思う。ライブ当日は、マナミと羽田空港で合流して二人で広島へ向かった。カフェでチルしたり、お好み焼きを食べに行ったり、二人でスタジオに入って曲を作ったり。たくさんの良き時間を過ごした。ライブは一曲目を演奏したところで「今日は良い夜になる」とすぐに確信できた。お客さんのあたたかいバイブスと優しさがフロアから滲み出ていて、ステージからの眺めも最高そのものだった。「夕べの雨が嘘みたいねとShe said…晴れてなにより」と、”Sunny”を表すフレーズでライブがスタートすると、自然とお客さんも声を重ねてくれた。この曲をみんなが熱唱してくれたことが個人的に一番嬉しかった。お客さんの声や揺れのおかげで、僕らは安定した音の上を最後まで泳ぎ切ることができた。正直、訪れる機会の少ない広島という街で、こんなに一夜を共鳴できることに、この上ない幸せを感じている。アンコールでは機材トラブルにあい、無音状態が続いた。マナミが「ベース弾いていいっすか?」とステージに上がってくれ、徐々にメンバーもステージに上がり、久しぶりにフリースタイルもできた。こういう予定調和ではない、トラブルからのフリースタイルは大好きだ。お客さんもそれを楽しんでくれたと思う。また必ず来ますね。ありがとう広島ONDO!

Sunny-大阪編-

Sunny-大阪編-最高でした。来てくれた皆さん、本当にありがとうございました。約2時間のステージは、体が大変だったと思います。
自然と誰かが歌い出し、それにつられ一人、また一人と。それぞれのリズムで声が重なってくフロアに、何度も何度もぬくもりを感じました。皆さん最高です。ありがとう。
実は前日から雨が降っていて、予報でも「当日は荒れる」と予想されていましたが、見事に雨も上がってくれました。まさにSunnyです。
イベントスタート時とライブ後の時間を大いに盛り上げてくれたセク山さん。感謝しかないです。今じゃ、スチャダラパー、ライムスター、リップスライムなど、大きな会場をロックしてるお方が、いつも僕のパーティーに来てくれます。それだけで最高で、なによりありがたいことだと思います。音を超えて楽屋までお客さんの笑い声が聴こえてきた時は、「今日という日があってよかったなぁ」としみじみ思いました。
そして、ゲストライブの茂千代くん。こうして思い出しながら言及しようとするだけで、鳥肌が全身に走ります。DOPEであり、愛を感じるステージング。ゆっくりお話はできなかったですが、「BASIに繋ぐ」。おこがましいですが、そう思ってステージに立ってくれてると何度も感じさせてもらいました。ありがとうございます。
自分たちの時間帯は、終始幸せが途切れることなく続き、とても良き時間が流れていました。ISSEI、ベーシックバンドに感謝です。久しぶりにやった曲たちもみんなが歌ってくれ、なんとか完走し、はじめてやった新曲たちも手応えを感じています。またやりたいですね。
さぁ残り三ヶ所。この調子で乗り切ります。ありがとう大阪。今日も読んで頂いてありがとうございます。

Photoby Hoshina

公開と配信

おはようございます。皆さんお元気ですか?今日の大阪は朝から風が強いです。さて、昨日から「JULIET RE EDIT」のofficial audioがYouTubeに公開され、今日から「Rainy EP」の配信もスタートされています。「JULIET RE EDIT」は、BASI 4th AL「Mellow」に収録された既存楽曲で、個人的にも凄く気に入ってるlyricなので、ブラッシュアップして今作に収録した次第です。且つ、ベーシックバンドのアレンジが超絶に好みで、レコーディング時にもこの良質な出来に対し、みんなで大盛り上がりした記憶があります。単純にlyricの世界を楽しんでもらおうと、そういう意図でYouTubeにアップしています。是非、読みながらまったりして下さい。可愛らしい、通称、サーファー君のイラストは、今作のジャケットを手がけてくれたHaskeyに描いてもらいました。このサーファー君のステッカーができるとかできないとかの話も出ているので、楽しみに待っていましょう。あと、Instagram等でメッセージをいただく中に、「近所にCDショップがない」という声が多く、非常に心苦しかったのですが、ようやく配信で購入することができるようになりました。作り手の思いとしては、ジャケットの手触りや中のイラストや写真も楽しんでほしいですが、手に入らないのでは仕方ないですよね。配信で末長く楽しんでもらえるのなら、それでもありがたいことだと思っています。ただ、このアルバムは「一枚の流れ」を入念に考えて作られています。できれば単品ではなく、セットでお買い上げ頂ければ幸いです。そして、4/15からいよいよBASI LIVE TOUR 2018 ”Sunny”がスタートします。初日の大阪CONPASSのゲストは、関東からSEX山口。地元大阪からは茂千代。僕の大好きな二人です。お時間ある方は是非お越し下さい。新曲もやろうと思います。ツアーアイテムも並ぶ予定です。今日も読んで頂いてありがとうございます。

雨です

大阪某所。雨です。今日は音を調整する作業のため、お昼からスタジオにこもっています。待ちが多々あるので、タイミングを見てこれを書いてます。

4/4に、BASI & THE BASIC BANDの「Rainy EP」がリリースされました。個人的には今までにない新しいムードと、流れのいい選曲にvibesが上がっています。曲目のクレジットも ”M-1.Rainy” のみで、全曲完結させてもいいくらい、本当に流れのいい一枚になりました。個人的愉しみ方は、作業などの時に、垂れ流しでリピートする感じ。外で静かに雨がぱらついてるような、どこかやさしい気持ちになります。まわりのクリエイターにもそうリクエストして聴いてもらってるくらいです。思えば去年の今頃は、BASI 5th AL『LOVEBUM』をリリースしました。まったく色みの異なるこの二枚を交互に楽しんでもらうのもいい感じだと思います。どうか日々のBGMに合いますように。今日も読んで頂いてありがとうございます。

BASI & THE BASIC BAND「Rainy」

夕べ、BASI & THE BASIC BANDの新曲「Rainy」のミュージックビデオがYouTubeに公開されました。RaB、オオツカマナミ、HISA、Saetsu。このメンバーではじめて作った曲が実はこのRainyです。ライブで演奏した回数もこの曲が一番多いです。改めて、最高のメンバーに感謝します。
ビデオ監督はお決まりのISSEIです。今回、こちらのビジョンをたくさん汲み取ってくれました。雨のイラストは「MELLOW」のジャケットを手がけてくれた小越です。二人にも感謝します。
撮影当日は偶然にも雨が降っていて、ビデオが公開された夕べも、こうして文字を並べている今日も、嘘みたいに雨が続いていて、必然とも言えるような、不思議なガイダンスに包まれています。雨に合うタイミングで是非ご覧下さい。
そして、4/4(水)にはこの曲が収録された「Rainy EP」がリリースされます。今作は盤で聴かないと成立しない世界になっています。且つ、完全限定生産です。よろしくお願いします。
4/15からBASI LIVE TOUR ”Sunny”もスタートするので今からすごく楽しみです。
各会場でお会いしましょう。

BASI LIVE TOUR 2018 “Sunny”
4/15 大阪 CONPASS
4/29 広島 音楽食堂ONDO
4/30 福岡 Kieth Flack
5/19 東京 代官山LOOP

BASI LIVE TOUR 2018 ”Sunny”

チケット発売開始

ツアータイトルを「Sunny」に決定しました。本日からチケット発売スタートです。各地でゲストライブ、ゲストDJの時間も用意しています。最高のメンツが揃ったと思います。皆さんからのリクエストから、票の多かった普段やらない曲や制作途中の新曲。いろいろやろうと思います。楽しみましょう。

BASI LIVE TOUR 2018 ”Sunny”

「Rainy EP」発売決定

昨日から一部でリリース情報が開始されたので、ここで正式に告知します。

4/4(水)に ”BASI & THE BASIC BAND” 名義初の『Rainy EP』をリリースします。

全7曲の完全数量限定盤です。

BASI & THE BASIC BAND:
BASI(vo)
HISA(g)
オオツカマナミ(b)
Saetsu(key)
RaB(ds)

アートワークは僕の現場でライブペイントをやってくれているhaskeyです。
ブックレットには僕の現場で撮影してくれているhoshinaちゃんの写真を可能な限り載せています。
リリックと調和したZINEのような世界です。

改めて今作に携わってくれたミュージシャン、クリエイターの皆さんに感謝します。

以下 ネットからの引用。
(素敵な文章ありがとうございます)

溶ける程メロウで、包み込むような暖かく優しさに満ちたジャジーなトラック、たゆたうように唄う韻シストのフロントマンでもあるBASIの優しさと人間味に満ち溢れたLYRICで中毒者続出のmelty mellowな「LOVEBUM」リリースから1年、今度は凄腕ミュージシャンを引き連れたバンド編成で、これまたmeltyな…mellow…なCDを完成!!バンドメンバーは、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団在籍者や、KIRA、変態紳士クラブのサポートを行うメンバー等で構成された間違い無い編成で、BASIのmellowな世界観を見事にバンドサウンドで再現しているソウルフルでウォーミーな楽曲が満載。BASI名義でのリリース時のリアレンジバージョンや、驚異のDL数を誇ったFREE DL音源のリアレンジバージョンも含む全7曲。完全数量限定盤のため、入手困難アイテムになる可能性大!!なアイテムです!

Track list:
1. Yudachi
2. Pain
3. Kill (BASIC)
4. JULIET RE EDIT
5. Rainy
6. ANATAGAITANATSU
7. Fly Fly Fly

PROFILE : BASI & THE BASIC BAND
BASIを中心に2017年”BASI & THE BASIC BAND” 活動開始。メンバーはKey:Saetsu、奇妙礼太郎、トラベルスイング楽団、オオサカズ、Improveなどで活動をするSaetsu(Key)や、Charaのサポートなども行うSaxプレイヤーKenTを中心とするKenT Trioに在籍するHISA(Gt)、RaB(Dr)、Nabowaのメンバーのソロプロジェクト”BED ROOM TAPE”を初め、TAKOPEOなどのサポートをするFEMALE BASSIST、オオツカマナミによる凄腕ミュージシャンが集結した4人編成。ミニマムながらも重厚でソウルフルな演奏はライブを観た者全てを魅了する。

PROFILE : BASI
1998年、韻シストを結成 。2017年に7枚目のフルアルバム「Another Day」をリリース。今年韻シスト結成20年目に突入。2011年に自身のレーベル「BASIC MUSIC」を設立。2017年に5枚目のソロアルバム「LOVEBUM」をリリース。インディーズオリコンチャート10位にランクイン。最近ではCHARAのアルバム「Sympathy」等にMC(ラッパー)として参加。

以上です。
何度も言いますが、完全数量限定盤です。

今日も読んで頂いてありがとうございます。

初のソロツアー

Twitterやストーリーで曲リクエストを送ってくれた皆さんありがとうございます。
ストーリーでは今もちょくちょくリクエストが届いていて、目を通すことの贅沢を噛みしめています。一択の人、ボリューミーな人、マニアックな人。一人ひとりの好みを知り、選曲にフル活用します。

もろもろの詳細はまだ出てないですが、この初のソロツアーは一本の映画のように、「一人ひとりの心に残る世界を提供したい」。
日々そういうイメージで過ごしています。どんな風に登場し、どんな風に始めるのか。照明、音響などは、どんな風に演出するのか。そして、映画のようなその世界をどんな風に締めくくるのか。
皆さんから頂いたリクエストの数々も強力な協力となり、この世界に必ず集約されます。
皆さんと創ってる感じがしてきました。まずは同僚とのシフト調整頑張って下さい。
いつも最初は丁寧に書くのに、最終ほったらかしになるその手帳にライブ日程を記して下さい。カップルは声を掛け合って最低ライブの日までは愛を繋いで下さい。
一人の人は率先して遊びに来て下さい。音を通した出会いもあります。キッズも来て下さい。僕の可愛い甥っ子姪っ子もライブに来たり、口ずさんだりしています。いっしょに思い出を作って下さい。

今日も読んで頂いてありがとうございます。

4/15 大阪
4/29 広島
4/30 福岡
5/19 東京